『孫氏の兵法』を読んでギャンブルについて学んだこと

アーケードマシン

2500年前に出版された本が、戦略的思考に関して人類を助けることになるなどと誰が知っていただろうか!『孫氏の兵法』は、中国の将軍・孫子によって書かれた戦争についての古典的な本である。この本は何十年もの間、王や戦士にインスピレーションを与えてきており、今日でも我々をインスパイアし続けている。この本は、不思議なことにポーカーのゲームにも応用が効き、試合に勝つ方法が書かれている。著者は、自分の強みを隠し、いざという時に相手を攻撃するのに役立つ、重要な側面と原則を描いているのだ。

この本は、何千年もの間、ギャンブルフリークの人々にインスピレーションを与えてきただけでなく、市場で活躍するビジネスマンのバイブルにもなっている。例えば、SnapchatのCEOであるエバン・スピーゲル氏は、競合であるFacebookに弱みを握られていると感じた際、正しい方法で競合と戦うために、この本のコピーをチームメンバー一人ひとりに配ったという。

本記事では、『孫氏の兵法』を読んで個人的に学んだ、ギャンブルに関することをいくつか描写してみた。

勝利する戦士は先に勝ってから戦場に行き、敗れる戦士は先に戦場に行ってから勝利を目指す」

直接本から引用したこの一節は、人生における状況に応用できるだけでなく、準備の重要性についての洞察を与えてくれる。こうした言葉を引用することによって、お金を賭けてしまう前に、自分の動きを練習し完璧にしておくことが不可欠だと、孫子はアドバイスしている。オンラインギャンブルでは、ネット上でお金を賭ける前に戦略を練習する、というように応用できる。

強い時には弱く、弱い時には強く見せよ」

ポーカーコイン

 

ポーカーでは、ゲームが始まる前は全てのプレイヤーが対等な立場にある。これは戦場で同等の装備をしている兵士と同じことだ。相手の前で弱く見えないよう、勇敢な顔をしておくことが肝要だ。この動きにより、あなたはかなり有利になる。自分が弱い時や負けそうな時に強気な姿を見せることで、相手を混乱させ、相手の自信を削ぐことができる。

混沌の中にもチャンスはある」

カジノは混沌とした戦場だ。最高のプロのギャンブラーなら、プレイ中に集中力を失ってはならない。あらゆる混沌の中で繁栄する人は、ポケットをお金で満杯にし、満足感に浸りつつ帰宅する人だ。

「戦いたい者は、まず犠牲を払わねばならない」

ギャンブラー

もし大きな試合に参加するのなら、大負けする準備をするか、帰宅するか、どちらかしかない。一般的に、大物の賭博師は、相手よりもすぐに破産する可能性が高い。つまり、あなたが大物たろうとするなら、犠牲を払って、賢明にプレイすることが不可欠なのだ。

「戦争が長びいて国家に利益があったためしはない」

自分の掌中にあるがごとく試合におけるゲームを熟知していても、ゲームの合間に休憩を取るだけでなく、前夜にもしっかり休むことが不可欠だ。十分に休んだプレイヤーは、試合で驚異的な冴えを見せることができる。

結論

『孫氏の兵法』は、ギャンブル分野だけでなく、人生で成功するべく何千人もの人を助けてきた名著だ。ギャンブルを職業にしたい、もしくは人生でも成功したいという人には、ぜひお勧めしたい一冊である。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *